変形性股関節症の知識

 関節なび.COMでは、変形性股関節症の手術内容、運動療法、手術後のリハビリテーション・看護の負担についての解説しております。

変形性股関節症の知識【サイトマップ】

変形性股関節症とは?
 変形性股関節症とは、股関節内にある関節液の消耗により、クッションの役割を果たす軟骨組織が磨り減ってしまう事により、骨と骨…(続きを見る)

発症傾向と性別の割合
 変形性股関節症の発症傾向について見ていきましょう。発症傾向としての日本国内におけるデータではその大半が高齢期の女性…(続きを見る)

代表的な症状について
 変形性股関節症の症状の特徴は主に以下のようなものがあります。股関節の可動範囲(曲がる範囲)が狭くなっている…(続きを見る)

長期的な視野で症状と向き合う
 変形性股関節症は残念ながら進行性の障害です。この進行性障害である点をまず受け入れる事。これは難しい問題ではありますが…(続きを見る)

2種類の発症原因について
 変形性股関節症の治療方法は大きく2種類の治療法に分類することができます。この2点とは…(続きを見る)

診断方法・診断基準について
 医師の診断方法には、それぞれの医師によって診断が多少異なるでしょうが大まかな点では共通している点があります。保存療法を行う場合は…(続きを見る)

私生活の抜本的な改善
 変形性股関節症の治療は、進行状況が著しいなどの緊急時を除いては基本的に保存療法からスタートしていきます…(続きを見る)

保存療法3つのポイント
 3つの保存療法のポイントを見ていきましょう。まず運動療法では、股関節まわりの筋力強化(特に中臀筋:お尻の筋肉)が重要となります…(続きを見る)

手術療法が選択されるケース
 変形性股関節症の手術療法は基本的に保存療法の処置での症状の維持が難しくなった場合に行われます。手術には…(続きを見る)

過大なストレスを理解する
 医師は、最初から積極的に手術療法をお勧めすることはまずありません。しかし、これは症状の度合い…(続きを見る)

人工関節の種類と基本概念
 変形性股関節症の手術で用いられる人工関節について解説します。人工関節は主に…(続きを見る)

人工関節の固定方法について
 人工関節は主に歯科などでよく用いられる骨セメント(コツセメント)…(続きを見る)

リハビリは運動療法が基本
 変形性股関節症の手術後のリハビテーションについて見ていきましょう。術後のリハビリテーションは運動療法が基本…(続きを見る)

回復までの期間について
 基本的な運動療法によるリハビリテーションを終えると、杖をつきながら自分の力で歩行が可能な状態になってきます…(続きを見る)

自宅で実践できる股関節のリハビリメニュー
 ここでは自宅で簡単にできるリハビリメニューを幾つかチェックしていきます。股関節のリハビリの目的は筋力トレーニング…(続きを見る)

股関節の外転運動のリハビリメニュー
 @壁沿いに立ち片方の手をバランスをとる為に壁に添え、もう片方の手は腰に手を添えます…(続きを見る)

股関節の内転運動のリハビリメニュー
 鍛える筋肉⇒大内転筋:小内転筋:長内転筋:短内転筋:薄筋…(続きを見る)

股関節の伸展運動のリハビリメニュー
 鍛える筋肉⇒大臀筋:中臀筋:小臀筋:半膜様筋:半腱様筋…(続きを見る)

家族の看護・サポートが不可欠
 変形性股関節症の患者が家族にいる場合は、家族の看護、サポートが不可欠となります。特に手術をする場合は入院期間もおよそ2週間…(続きを見る)

脱臼の危険性について
 術後に最も注意しておかなくてはいけない点は、常に脱臼の危険性を持っているという事実…(続きを見る)

医師の経験が大きな影響を与える
 変形性股関節症など人工関節を用いる手術は何よりも医師の経験が大きな影響を与える手術と言えます…(続きを見る)

2週間程度の入院期間が必要となる
 有名な専門医がいる場合は、一度診察を受けにいきたくなるでしょう。しかし遠方まで足を伸ばす前に身近な範囲に専門医…(続きを見る)

第一に考えるべきこと
 変形性股関節症と診断を受けた場合にまず第一に考えるべきことは、発症した本人の精神的ストレス…(続きを見る)

うつ症状の合併症について
 変形性股関節症は「歩行の際に常時痛みを発症する」ストレスによってうつ症状の合併症を発症する患者も多いのが、この障害の見逃せない危険性…(続きを見る)


変形性股関節症の知識の解説(メニュー)