変形性股関節症の知識

 関節なび.COMでは、変形性股関節症の手術内容、運動療法、手術後のリハビリテーション・看護の負担についての解説しております。

第一に考えるべきこと

 変形性股関節症と診断を受けた場合にまず第一に考えるべきことは、
●発症した本人の精神的ストレス
●発症した本人の肉体的ストレス
 の2点について考慮することが非常に重要です。

 変形性股関節症の治療では、基本的に手術を行わない保存療法が基本となります。

 しかし、進行性障害でもある事から、長年にわたり治療を行っているにも関わらず大きな改善が見られないケースも多く存在するのも事実です。

 徐々に症状が進行していくことによって今までは可能であった運動ができなくなってくる。

 これは肉体的にも精神的にも大きな負担となります。

うつ症状の合併症について

 変形性股関節症は「歩行の際に常時痛みを発症する」ストレスによってうつ症状の合併症を発症する患者も多いのが、この障害の見逃せない危険性でもあります。

 進行段階としては、痛みが続くことから外出をしなくなってくる。

 その後、精神的にも不安定となり完全に外に出なくなる。

 といった家にこもるような状態になってしまうケースも多く確認されております。

 変形性股関節症は最終的に手術療法へ移行せざる終えないケースが多い障害です。

 早い段階で手術に関する知識を身につけ、状況によっては手術にいつでも踏み切ることができるよう心の準備をしておくことも大切な事と言えます。

変形性股関節症の知識の解説(メニュー)