変形性股関節症の知識

 関節なび.COMでは、変形性股関節症の手術内容、運動療法、手術後のリハビリテーション・看護の負担についての解説しております。

医師の経験が大きな影響を与える

 変形性股関節症など人工関節を用いる手術は何よりも医師の経験が大きな影響を与える手術と言えます。

 外科医には変形性股関節症を専門としている外科医も多いので、手術の際は出来る限り専門医に手術を行ってもらいたいものです。

 変形性股関節症の医師を探す場合は、「地元の整形外科の医師」に紹介を受けるのが一番です。

 現在は様々な情報が入手しやすくなり、TVなどに登場するしているような名医の情報も広く知れ渡っております。

 しかし、まずは身近な病院を検討することからはじめましょう。

2週間程度の入院期間が必要となる

 有名な専門医がいる場合は、一度診察を受けにいきたくなるでしょう。

 しかし遠方まで足を伸ばす前に身近な範囲に専門医がいるかどうかをまず確認してみることも大切です。

 変形性股関節症の手術では2週間程度の入院期間が必要となることを忘れてはいけません。

 遠方であれば泊まり込みによる看護が必要となってくるかもしれません。

 全国には思っているよりもたくさんの股関節置換術の専門医がいます。

 地元の近い範囲で見つけることも今では可能かもしれません。

変形性股関節症の知識の解説(メニュー)